ウソシリーズ人気投票

たくさんの投票ありがとうございました!

2017年9月1日~9月15日に開催した『ウソシリーズ人気投票』の結果を発表! 
上位キャラクターはグッズ化やオリジナルストーリーの制作が決定! 
果たして栄冠に輝いたのは……?

コメントにネタバレが含まれている場合があります。

結果発表

第8位(得票数:54票)プレース

プレース「応援ありがとー!せっちゃんも良い順位だったし、わたしはすごく満足しているよ。ふっふっふー」

投票コメント!


シナリオ担当・工藤啓介のコメント

雪華の唯一の友人にして、唯一の理解者だった彼女(?)。 雪華が壊れず、世界を信じることが出来たのは宗一郎の活躍もありましたが、プレースが傍に居てくれたからこそですね。 そんな健気さに関しては登場人物の中でもトップクラスでしょう。 僕がこんな裏表が無い純粋ないい子を書くのは本当に珍しいことなので、これが最後なんじゃないかな……


第7位(得票数:93票)スポーク

スポーク「応援感謝っす。ウソシリーズのマスコットキャラクターとして、活躍が評価されたってことっすかね。いつかオレっちのマスターも紹介したいっす」

投票コメント!


シナリオ担当・工藤啓介のコメント

ウソシリーズのマスコットキャラクター(?)の彼(?)ですが、世界観を表現するために必要な存在でした。 スポークがいることで、魔法や魔道具というものが実在する世界を描けた大切な存在です。 個人的には尺の都合さえなければ、もっと掘り下げて描きたかったですね。 いつかスポークが擬人化することがあるのでしょうか…… 擬人化したら人気が爆発すると勝手に思っています!!


第6位(得票数:219票)櫻井 宗一郎

櫻井宗一郎「まさかこんなに投票してくれるとは予想はしていなかったな。とはいえ、応援してくれてありがとう。またいつか会えるのを楽しみにしているよ」

投票コメント!


シナリオ担当・工藤啓介のコメント

作中では美味しい思い(意味深)をしながらも、それ以上に苦労して走り回った宗一郎。主人公だからシカタナイヨネ。 彼は嘘を見抜く力を持ちながらも、きちんと人を、世界を信じられるようになったのは、父親やスポーク、そして相棒のエリスの存在があったからです。 周囲に恵まれなかった場合は、きっと対の存在である例の彼女のようになっていたかもしれません。 付き合ってからも、どこか面倒くさい恋人と過ごしていく彼ですが、宗一郎ならどんなことがあっても、なんとかやっていけるんじゃないかな、と親心ながら思っています。 Campusの別作品に出しても、割と面白い感じになるとは思うので、いつか出演させてあげたいですね。


第5位(得票数:711票)エリス・F・カートレット

エリス・F・カートレット「ぐぬぬぬ……悔しいけど、応援してくれた人には感謝で一杯かな!だって、誰かのオンリーワンになれたってことだからね」

投票コメント!


原画担当・りいちゅ先生のコメント

ツッコミをさせたらNO.1。 そして普段あまり描かないポニーテールに目覚めさせてくれた子です。 特に前期の頃の不愛想なエリスは描いててすごく楽しかった記憶があります! ロリ!  エリスはとにかく表情が豊かで生き生きとしているので、描いているこっちもつられます。 ギャグテイストのCGでは、そんな楽しさがより色濃く表せたかな思いますね。 そしてなにより、おっぱ……エリスが友達にほしいです!


シナリオ担当・工藤啓介のコメント

引きこもりニート系オタクヒロイン! あと、おっぱいはヒロイン中一番大きい! というコンセプトから始まったエリス。 自分は基本ダメな子はあんまり好きにならないんですが、エリスに関してはそのアレルギーも出ず、宗一郎との掛け合いのシーンではトップクラスに書きやすかったです…… 気を抜くと、書きすぎちゃうことがあって、セーブするのが大変でした。 りいちゅ先生のデザインのすばらしさも相まって、『アキウソ』にのみ登場したロリエリスも人気なので、何か新たな展開があれば、再度登場させたいかな、と思っていたり。


第4位(得票数:957票)姫野 桜月

姫野桜月「ふふふ、嘘つきだった女の子にしては上々かな。でも、次があるなら負けないからね」

投票コメント!


原画担当・りいちゅ先生のコメント

デザインの時は、私が好きという理由だけでツーサイドアップになった女の子!  そして一番表情を描くのが難しかったキャラクターです。 桜月は含みがあるというか、分かりやすいけど複雑といいますか……!  でも同時に深い表情を見せてくれるので、描き甲斐がありました。 発売してしばらくたった今でも、最高難易度の女の子です。


シナリオ担当・工藤啓介のコメント

桜月のヒロインとしてのコンセプトは「男にとって理想の女の子を演じようとしているけど、所々でボロが出るいじらしさ」だったのですが、『ナツウソ』以降はどちらかというと腹黒……ではなく、健気なサブヒロインとして盛り上げていましたね! うん! なんといっても彼女の魅力は、主人公である宗一郎への想いは例え自分以外の女の子と結ばれたとしても諦めないという作中屈指のメンタルの強さ!  そういう意味では、自分がメインヒロイン以外の作品でも、メインヒロイン並に輝いていたのではないでしょうか。 個人的にはウソシリーズにおける「表」のメインヒロインという立ち位置という認識でしたね。


第3位(得票数:1,866票)和泉 葵

和泉葵「皆さん、応援ありがとうございました!わたしのことを評価してくれる方がこんなに居て……とても、嬉しいです。 えへへ」

投票コメント!


原画担当・りいちゅ先生のコメント

桜月とは正反対の、一番描きやすかった女の子です。 手になじむというか、私の絵柄にすっと入ってきたので、『ナツウソ』作業中は割とさらっと描くことができました。 素直で可愛くて愛でたくなる、最高の後輩キャラですね!  あんなにわかりやすい好き好きアピールされたら! なでなでしたくなっちゃうじゃないか!


シナリオ担当・工藤啓介のコメント

嘘が赤くなるという「真っ赤な嘘システム」があることによって、ツンツンしているはずなのに、デレデレになっているのが伝わってしまい、ある意味でデレツンキャラになってしまった女の子。 個人的に書いてて楽しかったシーンは、魔道具によって時折本音が出てしまうくだりでしょうか。 感情表現や台詞が真っすぐなので、ヒロイン勢の中では、一番書きやすかったキャラクターでした。 根っこの部分は素直なんですよね、過去のことが原因でこじれてますけど!  でもそこが可愛いと思うんですよ、僕は!!!


和泉葵の「特製壁紙」制作決定!

第2位(得票数:2,166票)帝堂 雪華

帝堂雪華「1位には及ばずとも、この結果には満足しているわ。貴方の世界にも、いつか春が訪れますように。ふふふ」

投票コメント!


原画担当・りいちゅ先生のコメント

弱さも強さも、可愛いも綺麗も持っているラスボスOFラスボスな彼女ですが、内面的にも外見的にも私が一番好きなキャラクターです。 振る舞いがあまりにも美しい、というのを常に頭に入れてそれをどこまで崩すか悩みながら描いていました。 なので、「年相応の女の子らしさ」という指定が出た時は誰よりもその表情を表すのは難しかったです。 元々格好いい女の子が大好きなので、そういった意味でも一番活き活きと描けたなぁと感じています。


シナリオ担当・工藤啓介のコメント

個人的な位置づけとしては桜月とは似て非なるウソシリーズにおける裏のメインヒロインともいえる彼女。 雪華の設定に関してはハルウソの時点から決まっていたので、セリフ回しを考えるのがとても苦労したのを記憶しています。 「ラスボス」でありながら「ヒロイン」でもある雪華。 どっちにも偏らず、バランスを保ちながら魅力的に描くというのが、かなり神経を使いました。 とはいえ、雪華の信念や考え方等は個人的には最も好きなので、それが『フユウソ』でようやく描けたことはとても嬉しかったです。 ラスボス系ヒロインっていいよね……いい……


帝堂雪華の「オリジナルストーリー」「特製壁紙」制作決定!

第1位(得票数:2,628票)雫・サージェント

雫・サージェント「いえーい!ついに自分の時代が来ましたよー!この調子で全世界を自分のファンで埋めつくすのですー!」

投票コメント!


原画担当・りいちゅ先生のコメント

この子も表情がころころ変わるのが描いてて楽しかったです! ある意味裏のボス。ポジションが良すぎます。 普段紫髪の女の子を描かないので、なかなか新鮮でした。 頭のリボンは、歩くときにフリフリ揺れたら可愛いんだろうなと想像しながら描いたものです。 従者っぽくない容姿でどうなるのかなと思いましたが、いざプレイすると中身とのギャップが良いですよね! まったくもってあざとい。


シナリオ担当・工藤啓介のコメント

なんだこの順位は!?(驚愕) と、まさかのサブヒロインでありながら1位を取ってしまった彼女ですが、全世界のロリコンさん達が投票したんですかね!? それともあざとい後輩はやはり強いのか!? 普段こそ(人為的な)ボケ担当ですが、突っ込みも出来るので彼女もご主人様であるエリス同様、会話シーンは非常に書きやすかったですね。 彼女もエリスを想う気持ちは誰よりも強いので、しっかりとした芯のあるキャラクターとして描けたかなと思っています。


雫・サージェントの「描き下ろしグッズ」「オリジナルストーリー」「特製壁紙」制作決定!